新着情報

2016年

7月

21日

東海大学(湘南、高輪)ミュージッククリエイション(サマーセッション)日程

東海大学学生向け情報

 

 ミュージッククリエイション、サマーセッション(夏期集中授業)は以下の日程、教室で開講されます。日程が変則的ですので十分ご注意下さい。なお履修にあたっては、4月に行われたガイダンスに出席している事が条件となります。

 

【高輪校舎】

教室:4号館4303コンピュータルーム(WIN)

ソフト:CUBASE+VOCALOID

日程:(全15コマ)

8/5 1-4限

8/8 1-4限

8/9 1-4限

8/10 1-3限 ※3限に作品発表会を行います。

 

 

【湘南校舎】

教室:10号館10-205コンピュータルーム(MAC)

ソフト:LogicProX

日程:(全15コマ)

8/22 1-5限

8/30 1-5限

8/31 1-5限 ※5限に作品発表会を行います。

 

以上

 

 

2016年

7月

12日

栄光のトランぺッター 南里文雄「セントルイス・ブルース」ほか

2016年 7月12日

ジャズを聴く ~アナログレコードと最新デジタル音源で巡る名曲~

When The Saints Go Marching In

 

本日の講座の音源の一部をご紹介します。

 

右上

Louis Armstrong「MAME」(1965-66年録音66年発売LPレコード)

 

左上

栄光のトランぺッター 南里文雄「セントルイス・ブルース」(1970年録音LPレコード)

 

右下

The George Lewis(Cl) 「JASS AT OHIO UNION」(1954年録音LPレコード)

 

左下

RAY BROWN/MILT JACKSON「MUCH IN COMMON」(1964年録音LPレコード)

 

 

 左上の南里文雄氏は日本のサッチモと言われた伝説のトランぺッターです。

 右下の作品は綴りが「JASS」となっていますがミスではなく、JAZZという用語は元々1918年までニューオリンズではJASSと呼ばれていました。ニューオリンズにあった赤線地区ストーリーヴィル(Storyville、1917年閉鎖)で、売春宿の事を「JASS HOUSE」と呼んでいました。最初期のジャズ(アーリージャズ)はこうした店のBGMとして演奏されていたので、JASSと呼ばれていたと考えられています。

2016年

6月

22日

平成28年度港区民大学 開講中です

平成28年度港区民大学ジャズ講座写真
平成28年度港区民大学ジャズ講座の様子

全五回のうち本日で四回目となります。本日のテーマは「モード・ジャズ」です。モダンジャズが『機能和声』から脱却を試みた重要な時期を扱います。

※受講者・撮影者の許可を得て写真掲載しております。

2016年

6月

13日

小田急まなたび 東海大学連携講座「ジャズを聴く」

小田急と東海大学のコラボ企画として以下の講座を開催予定です。よろしくお願いいたします。

 

『ジャズを聴く アナログレコードと最新デジタル音源で巡る名曲』

第1回(6/25)A列車で行こう

第2回(7/9)There Will Never Be Another You

第3回(7/23)酒とバラの日々

 

場所:小田急ホテルセンチュリー相模大野

 

6月現在で30数名の応募があったそうです(定員40名)

 

詳しくは、まなたびホームページ

または、募集チラシをご覧下さい。

 

 

2016年

5月

19日

JAZZを聴く アナログレコードと最新デジタル音源で巡る名曲 『スペイン(チック・コリア作曲1972年)』

オリジナル音源のLPレコード
オリジナル音源のLPレコード

 

2016年6月14日火曜日

19:00-20:30

 

 東海大学エクステンションセンター主催の一般向け公開講座です(大学生も聴講可)。

 ジャズのスタンダードナンバーから毎回1曲をテーマに、作曲者、歴史、名演、音楽的技法といった視点から楽曲を楽しく解説します。今回は『スペイン(SPAIN)』を取りあげます。音源再生には録音スタジオで音楽制作に使用される音響機材を使用し、貴重なアナログレコードや、最新のハイレゾ音源などを用いて各回8作品程度を試聴します。多様な演奏表現やエピソードを皆で一緒に楽しみましょう!

 

※アナログレコードには、東海大学図書館所蔵の牧田清志(ジャズ評論家「牧芳雄」)コレクションの貴重な音源を、特別な許可を得て使用します(一般への貸し出しは行っていません)。

 

詳細はこちらのHPをご覧いただければと存じます。よろしくお願いします。

2016年

4月

01日

ジャズを聴く アナログレコードと最新デジタル音源で巡る名曲

 ジャズのスタンダードナンバーから毎回1曲をテーマに、作曲者、歴史、名演、音楽的技法といった視点から楽曲を楽しく解説します。音源再生には録音スタジオで音楽制作に使用される音響機材を使用し、貴重なアナログレコードや、最新のハイレゾ音源などを用いて各回8作品程度を試聴します。多様な演奏表現やエピソードを皆で一緒に楽しみましょう!

 

※アナログレコードには、東海大学図書館所蔵の牧田清志(ジャズ評論家「牧芳雄」)コレクションの貴重な音源を、特別な許可を得て使用します(一般への貸し出しは行っていません)。

 

 

ジャズを聴く「イパネマの娘」

 

ーアナログレコードと最新デジタル音源で巡る名曲ー

日時:2016年5月17日(火曜日) 19:00-20:30

 

詳しくは東海大学エクステンションセンタージャズ講座のページをご覧下さい。

 

2016年

3月

31日

2016年度東海大学ミュージッククリエイションサマーセッションガイダンス

東海大学学生向け情報

 

ミュージッククリエイションの夏期集中講座(サマーセッション)のガイダンス日と授業日を掲載します。日程が変則的ですのでご注意下さい。

 

高輪校舎

ガイダンス:4/12 5限 4104教室

使用ソフト:CUBASE+VOCALOID

授業日:8/5,8,9,10(4303教室)

 

湘南校舎

ガイダンス:4/15 5限 10号館10-205

使用ソフト:LogicProX

授業日:8/22,30,31(10-205)

2016年

3月

30日

ジャズを聴くシリーズに関連するエッセイを寄稿しました

 

こちらに掲載されています。お時間がございましたら是非お読み下さい。

http://tokainewspress.com/view.php?d=1135

2016年

3月

14日

平成28年度 港区民大学「ジャズを聴く」

平成28年度春季みなと区民大学「ジャズを聴く」

港区民大学にて5月より隔週でモダンジャズ講座を行います。今年で3年目になります。なお参加申込が必要で、締切が4/10となっております。

 

第1回 5/11(水)18:45~20:15

 モダンジャズの源流「ビ・バップ」の革新。

第2回 5/25(水)18:45~20:15

 反ビ・バップとしての「クール」「ウエストコースト」。

第3回 6/8(水)18:45~20:15

 ジャズ原点回帰「ハード・バップ」「ファンキージャズ」。

第4回 6/22(水)18:45~20:15

 「モードジャズ」。機能和声から旋法和声へ。

第5回 7/6(水)18:45~20:15

 調性音楽からの脱却「フリージャズ」。

 

https://www.kissport.or.jp/event_detail.php?eventid=00001374

 

※なお区民大学ではアナログレコードは用いません(現在市販のデジタル化された音源を使用します)。レコードを使った公開講座も開催していますのでこちらも参考になればと思います。

 

2016年

1月

25日

ミュージッククリエイションウインターセッション

東海大学生向け情報

 

2015年度秋学期「ミュージッククリエイション」ウインターセッション日程。

 

高輪校舎日程(4303コンピュータ室 Windows:Cubase)

2016年

2/15 1〜4限

2/16 1〜4限

2/17 1〜4限

2/18 1〜3限(3限は発表になります)

 

 

湘南校舎日程(10-205コンピュータ室 Macintosh:LogicPro)

2016年

3/1 1〜4限

3/2 1〜4限

3/3 1〜4限

3/4 1〜3限(3限は発表になります)

 

※時間が変則的なので、間違いの無いようにお願いします。