トップページ 楽典とコード理論のお話 楽典「臨時記号」

臨時記号とは何でしょうか?

前述の音名だけでは、すべての音を表す事が出来ません。♯や♭がついた音を「派生音」と呼びますが、様々な「調」や「音階」を表す為に用いられるこれらの記号は「変化記号」と呼ばれ、以下の5つが存在します。


シャープ 半音上げ

フラット 半音下げ

ナチュラル 元に戻す


ここまでは恐らく誰でも知っているのではないでしょうか?これら以外に


ダブルシャープ シャープで上がった音をさらに半音上げ

ダブルフラット フラットで下がった音をさらに半音下げ


があります。これらはある特定の調や音階の時に出現します。知らない人が見ると「ミスプリント???」「特種な奏法???」なんて思ってしまうかも知れませんが、変化記号の一種です。


変化記号は調性を表す「調号」と、曲中で一時的に使用される「臨時記号」に大別されます(上図参照)。


(1)調号としての使用

調号としての使用には、シャープまたはフラットが使用されます。ただし曲の途中で調が変わる(転調の)場合、前の調を打ち消す為にナチュラルが使用されます。調号は打ち消されるまでのすべての小節が有効範囲になります。この場合すべての音域で対象となります。例えばファ♯に調号が設定されている場合、すべてのファはファ♯になります。なお調号の使い方には厳格なルールがあり勝手に設定(例えば調号にシャープとフラットが混在するとか!)は基本的に出来ません。詳しくは「調号」の機会に後述します。


(2)臨時記号としての使用

臨時記号の有効範囲は、「同じ小節内の同じ音程の音」のみ有効です。すなわち、この場合オクターブが違う音には適用されません。小節が変われば臨時記号は効力を失いますが、慣例でナチュラルで打ち消しをする事が殆どです(上記の調号の場合と同じですね)。複雑なフレーズを録音などの初見で演奏する場合は、間違いなどの事故を起こさない為にも正確に記譜するべきでしょう。

 

では、先ほど書いたダブルシャープ、ダブルフラットはどのような条件で用いられるのでしょうか?代表的な例を2つと、ちょっと変わった例を1つご紹介します。

 


ダブルシャープは何故出現するか?

先ほど「ある特定の調や音階の時に出現」と書きました。ダブルシャープの出現には「調号」と「音階」が深く関わっています。和声的短音階(ポピュラー系の呼び名はハーモニックマイナー)という音階があります。短音階(マイナースケール)には以下の3種類があり、イ短調(英米=Aマイナー、独=a moll=アーモールと読む)の時の1オクターブの音階構成音を書いてみると。


自然的短音階(ナチュラルマイナー)   

A    B    C    D    E    F    G    A

和声的短音階(ハーモニックマイナー)   

A    B    C    D    E    F    G♯  A

旋律的短音階(メロディックマイナー上行系)

A    B    C    D    E    F♯  G♯  A

※旋律的短音階は上行、下行で変わる。ちなみ下行は「自然的短音階」。


ポイントは「和声的短音階は、左から数えて7番目がシャープする」「旋律的短音階は6,7番目がシャープする」と言う点です。これを調号に♯がすべてついた、嬰イ短調で表してみると、この調はシャープが7つ(ファ、ド、ソ、レ、ラ、ミ、シすべてにシャープ)付くので、嬰イ短調(英米=Aシャープマイナー、独=ais moll=アイスモールと読む)の自然的短音階は、


A♯    B♯     C♯    D♯     E♯     F♯     G♯     A♯

 

となります。ここから和声的(7番目をシャープ)、旋律的短音階(6,7番目をシャープ)を作る場合どうでしょうか?すでにシャープで記載されているので「さらに半音」上げる必要がある訳です。もうお分かりですね。こういった場合ダブルシャープが必要になる訳です。これは一例ですが、趣味で演奏するにも、こうした知識は最低限必要です。

 

 

ダブルフラットは何故出現するか?

例えば、変ハ長調(英米=Cフラットメジャー、独=Ces dur=チェスドゥアーと読む)はフラットが7つ調号に付く(シ、ミ、ラ、レ、ソ、ド、ファすべてにフラット)ので音階構成音は、

C♭     D♭     E♭     F♭     G♭    A♭     B♭     C♭

となります。この調で半音階的に下行するとどうでしょうか?ダブルフラットの必要性が出てきます。

C♭→B♭→B♭♭→A♭→A♭♭→G♭→G♭♭→F♭→E♭→E♭♭→D♭→D♭♭→C♭


音楽には異名同音(エンハーモニック)という考え方があります。上の例を異名同音で読み直してみましょう。♯を♭で読み替えたり、要は別の音名から読み直す事です。

 

C♭     D♭     E♭     F♭     G♭    A♭     B♭     C♭

B        C♯     D♯     E    F♯  G♯     A#      B

 

♯系の調のロ長調になりました。でも、変ハ長調とロ長調では意味が変わってきます。「置き換えれば音そのものは同じなんだからどっちでも良いじゃないかー」と考えたくなりますが、音階がCから始まるかBから始まるかでは意味が全く異なってくるのです。ダブルフラットに遭遇したら、この話を思い出してみて下さい。

 

 

ちょっと変わった使い方の臨時記号

 20世紀初頭のフランスの作曲家、エリック・サティ(Erik Alfred Leslie Satie 1866-1925)の作品に「ヴェクサシオン(Vexations)」という変わった作品があります。この曲の譜面(英語版wikiの譜面へリンク)を見て下さい。この譜面、コーダマークがついていますが、最下段のTHEME=Aがコーダマークの位置に挿入されるABAB形式です。Aが一番下の段、B一回目が一番上段、もう一度A(同じ)、B二回目が中段です。この曲は、このテーマを「840回繰り返すように」という指定があり、全部演奏すると18時間近くかかるというピアノ曲で1893-1895年に作曲されました。タイトルの意味は「嫌がらせ」と言う意味で、繰り返しの異常さの嫌がらせですね。ちなみに、この曲の意図はジョークではなく、繰り返しによって聴衆に「聴く事を放棄させる」事を目的としています(誰が18時間同じフレーズを聴き続けるでしょうか??)。そして、その後のサティの作品の「家具の音楽」の元となる考え方がここに見て取れます。この考え方は20世紀の電子音楽とあいまって環境音楽やバックグラウンドミュージックの様な「聴く事を強要しない音楽」「背景音楽」の元になったと考えられています。実際、ジョン・ケージらによってヴェクサシオンが真面目に演奏された時(1963年)はピアニストは耐久レースのごとく交代制で挑み、出入り自由、飲食自由だったり、長時間聴き続けた人にはキャッシュプレゼントがあったという逸話も残っています。

 こうした長時間演奏の側面ばかりが強調されるヴェクサシオンですが(ちなみにギネスにも載っているとか)、最も「嫌がらせ」なのは、西洋音楽的な音楽理論に沿わない「自由な臨時記号」の使用です。シャープとフラットの乱用。殆どイジメ譜面です(笑)。譜面(英語版wikiの譜面へリンク)を見ると明らかですが、♯♭が混在し、ダブルフラットまで出現しています。これを840回繰り返すという指定ですから、「苦行」である事は明白です。


 

変化記号を含む「音名」の読み


日本語 英米 独音名
♯    嬰(えい) シャープ ~is
変(へん) フラット ~es
× 重嬰(じゅうえい) ダブルシャープ ~isis
♭♭ 重変(じゅうへん) ダブルフラット ~eses

以下に、イタリア表記、日本語表記、英米表記、ドイツ語表記の音名(全半音階)を表にしました。これらは基本中の基本ですので、絶対に覚えましょう!

 

 

ド♯

 

レ♭


レ♯

 

ミ♭

 

ファ♭

ファ

 

ミ♯

ファ♯

 

ソ♭

ソ♯

 

ラ♭

ラ♯

 

シ♭

 

ド♭

シ♯

嬰ハ

 

変ニ


嬰ニ

 

変ホ

 

変ヘ

 

嬰ホ

 

変ト

嬰ト

 

変イ

嬰イ

 

変ロ

 

変ハ

嬰ロ

英米 C

C#

 

Db

D

D#

 

Eb

E

 

Fb

F

 

E#

F#

 

Gb

G

G#

 

Ab

A

A#

 

Bb

B

 

Cb

B#

読み シー

シーシャープ

 

デーフラット

デー

デーシャープ

 

イーフラット

イー

 

エフフラット

エフ

 

イーシャープ

エフシャープ

 

ジーフラット

ジー

ジーシャープ

 

エーフラット

エー

エーシャープ

 

ビーフラット

ビー

 

シーフラット

ビーシャープ

C

Cis

 

Des

D

Dis

 

Es

E

 

Fes

F

 

Eis

Fis

 

Ges

G

Gis

 

As

A

Ais

 

B

H

 

Ces

His

読み ツェー

ツィス

 

デェス

デー

ディス

 

エス

エー

 

フェス

エフ

 

エイス

フィス

 

ゲス

ゲー

ギス

 

アス

アー

アイス

 

ベー

ハー

 

チェス

ヒス