楽典「音名」

音名と音部記号

 音名を理解する為には「音部記号」の理解が不可欠です。音部記号には以下の3つがあります。

 

(1)高音部記号

アルファベットの「G」が元になっていて、上図赤線の位置が「G音=ト音=ソ」を表しています。故にト音記号(Gクレフ)と呼びます。

 

(2)低音部記号

アルファベットの「F」が元になっていて、上図赤線の位置が「F音=へ音=ファ」を表しています。故にヘ音記号(Fクレフ)と呼びます。

 

(3)中音部記号

 アルファベットの「C」が元になっていて、上図赤線の位置が「C音=ハ音=ド」を表しています。故にハ音記号(Cクレフ)と呼びます。ハ音記号は主にヴィオラで使用されますので、ポピュラー音楽でもストリングスセクションのアレンジなどで使用されます。

 

音大受験などで必須の「楽典問題」では、高音部譜表低音部譜表など「譜表」という言葉が出てきますが、

 

高音部譜表=高音部記号を使った譜表

低音部譜表=低音部記号を使った譜表 と言う事です。


ちなみにアルファベット音名とカタカナ音名は次のように対応しています。(米英)ABCD........に対して

(日本)イロハニホヘトが割り当てられています。

米英表記 C D E F G A B
日本表記
イタリア表記
ファ

ちなみにドレミファ、、、はイタリア語です。ポピュラー音楽て使用されるコードネームは一番上の米英表記のみが用いられますが、日本だと「ハ長調」「ニ短調」のように「調」を表す時に使われますので、覚えておきましょう。

 

もう一つ覚えておけば完璧、それはドイツ音名です。日本のクラシックをベースとした教育機関では、殆どドイツ音名が使われています。録音スタジオなどでも、音大出身者は「ツェーの音が低い」だとか「ゲーをもっと強く」など日常会話に使われますので、知っておくべき音名です。

ドイツ表記 C D E F G A H
ドイツ読み ツェー デー エー エフ ゲー アー ハー

米英表記とほぼ同じですが、「シ」の音がBではなくH(発音:ハー)となります。(注)ちなみにドイツ読みでBは「ベー」と発音し、音は「Bb=シb」を表します。トランペットなどの金管楽器で「ベー管」と呼ぶのはここから来ています。

 

表記は似ていますが、発音は全く違います。特にエーの扱いに注意が必要です。エーは米英表記だと「A(エー)」で「ラ」を表しますが、ドイツ表記だと「E(エー)」で「ミ」を表すからです。クラシック畑の人とジャズ畑の人にすれ違いが生じない事を切に願います。

 

大学のジャズ研で4年生を「F年」と言ったり、1万円のギャラを「ツェーマン取っ払いで」と言ったりする慣習は、上記のドイツ音名の知識があれば理解出来るでしょう。ちなみに最近は「ツェーマン」とか、あまり言わないですねー(笑)。

 

最後に、今回ご紹介した音名は、シャープやフラットなどの変化記号がつかないもので、楽典の世界では「幹音」と呼ばれるものです。音楽は幹音だけで出来ている訳ではありません。という訳で次は臨時記号のお話です。