トップページ 楽典とコード理論のお話 楽典「音程 完全系」

楽典「音程 完全系」

楽典の音程の問題を理解する上で重要なのは、まず臨時記号を無視した状態で(白鍵のみで)正確な音程を答えられるようになる事です。鍵盤の絵を用いながら解説します。鍵盤に慣れていない方はこちらをご覧下さい。

 

 

音程:五度

音程 五度

「鍵盤の回」でご紹介したように「ミとファ、シとド」の間には黒鍵が有りません。そこで青いラインを引きました。幹音(白鍵)のみで考えるとこのラインを超える回数によって同じ五度でも幅が変わってくるのです。なお音程を数えるときは下の音から数えます。具体的には、

 

ド → ソ  1回通過

レ → ラ  1回通過

ミ → シ  1回通過

ファ→ ド  1回通過

ソ → レ  1回通過

ラ → ミ  1回通過

シ → ファ 2回通過(上図点線部分)

 

シ→ファのみ青いラインを2回通過しています。これは1回通過の五度よりも、半音1つ分狭い五度であることを意味しています。そこで以下の図を用います。

音程の増減表

この表は、「すごろく」をイメージすると分かりやすいです。最初のスタート地点から、2つの音の間隔が広くなった場合は「右へ」、狭くなった場合は「左へ」とコマを進めるのです。正し前述のように音程には完全系と長短系があるので、真ん中の部分はそれぞれ適したコマを通ります。

 

五度の場合、青いラインを1回通過するものが「スタート地点」になります。これを「完全五度」と呼びます。シ→ファの時のみ半音1つ狭い状態ですから、完全から左に一つ進んで「減」、すなわち「減五度」となります。

 

理論が分かればあとは覚え方です。以下のように覚えます。

 

五度 シファ減 「しふぁげん」と覚えましょう。

それ以外は「完全五度」 

 

 

 

 

音程:四度

音程 四度

上記の五度の考え方が理解出来れば、四度も楽勝です。例によって青いラインを何回通過するか考えてみると、表中の点線ファ→シの時のみ、青いラインを全く通過しないことが分かります。この事は、この音程が同じ四度でありながら他の四度よりも半音分広い事を表しています。1回通過の四度を「完全四度」、そして半音広い四度は、上記の増減表に照らし合わせてみると、「増四度」ということになります。以下のように覚えます。

 

四度 ファシ増 ふぁしぞー」と覚えます。

それ以外は「完全四度」

 

 



音程:一度 八度

一度、八度は簡単です。二つの音が同音ならすべて「完全」になります。

 

完全一度、完全八度

 

と覚えておきましょう。