トップページ 楽典とコード理論のお話 楽典「音程 度数」

楽典「音程 度数」

音楽の世界では同じ音(同音)を一度と数えます。楽典の問題で「音程は何か?」と聞かれたら、後述する完全系・長短系などの正確な音程を答えなくてはいけませんが、「度数を答えよ」という場合には、前述の変化記号は無視して、単純な音の幅「度数」で答えます。

 

初心者は時々、上の音から数えたりしますが、常に下の音から数える習慣をつけておくと良いです。なぜならコードの理論を学ぶときは、常に下から積み上げるので、日頃から注意しておくと良いでしょう。

楽典「音程 度数」

① レミファソで「四度」(「よんど」ではなく「よど」と読みます)

② ファソラシドレで「六度」


さて③④は♯がついていますが、実は①②と同じです。度数で答えるときは変化記号は考慮しないので、

③「四度」

④「六度」となります。

 

ここで重要なのは、①と③は共に四度ですが、③は上の音に♯がついており、正確には①よりも「半音分広い」四度です。こうした違いが先ほども書いた完全系・長短系といった「音程」で表されます(後述)。

 

⑤ 同音ですので「一度」

⑥「八度」そしてこれを「オクターヴ」と呼びます。ちなみにこのオクターヴ以内の音程(正確には完全八度以内)を「単音程」と呼びます。

 

⑦⑧はオクターヴを超えています。こうした音程を「復音程」と呼びます。数え方は「度数」の場合、単純に下の音から数えるだけです。また、♭は無視でOKです。従って、

 

⑦「九度」(「きゅーど」ではなく「くど」と読みます)

⑧「十一度」