ジャズを聴く

田丸智也ホームページ

 

 ジャズの面白さを伝える為に、大学で講義を行ったり、社会人向けの公開講座などを開催しています。このホームページでは、そういった様々な活動について公開しています。ジャズに興味を持っていただけるきっかけになれば幸いです。

プロフィール

 東京都町田市出身。9歳からトランペットを、14歳からベースを始める。トランペットを植木保彦氏に、和声学、作曲法を高浪晋一氏、二宮洋氏に師事。1999年、バークリー音楽大学(Berklee College of Music - Boston, MA)の奨学金試験に合格し同校に入学。ベースをアンソニー・ヴィッティ(Anthony Vitti)氏、作曲をディック・ローウェル(Dick Lowell)氏に師事。2001年、ジャズコンポジション科卒業。帰国後、音楽制作会社にて映像向けのBGM制作を行う傍ら、ベーシストとして演奏活動を行う。専門学校、短期大学の作曲の非常勤講師を経て、2008年に東海大学専任講師となる。現在、東海大学高輪教養教育センター准教授。専門は作曲、ポピュラー音楽史(ジャズ)。主な担当授業は「ジャズの音楽と歴史」「即興演奏法」「コンピュータミュージック」「ミュージッククリエイション」。2014年より、ジャズに関する公演、公開講座などの教育・啓蒙活動、大学周辺(東京都港区)の多世代交流を目的とした音楽ボランティア活動、などに力を入れています。ベース以外にもトランペット、コルネット、フリューゲルホルン、ピアノなどを演奏します。

トピック

 東海大学地域連携センター主催の公開講座「ジャズを聴く」を毎年行っています。ジャズのスタンダードナンバーから毎回1曲をテーマに、作曲者、歴史、名演、音楽的技法といった視点から楽曲を楽しく解説します。音源再生には録音スタジオで音楽制作に使用される音響機材を使用し、貴重なアナログレコードや、最新のハイレゾ音源などを用いて各回8作品程度を試聴します。多様な演奏表現やエピソードを一緒に楽しみましょう。詳しくはこちら

 東京都港区在住・在勤・在学者向けの公開講座「港区民大学」で毎年ジャズに関する公開講座を担当させていただいています。毎回、大学生からシニアまで、様々な世代の方にご参加いただいており、楽器を使った実演なども含めた、分かりやすく楽しい講座を心がけています。1回づつ完結していますので、途中からの参加や初心者の方も大歓迎です。区外の方も条件によってお申込可能です。詳しくはこちら

 本務先である東海大学高輪キャンパスにおいて、在学生と共に、周辺地域の多世代交流を目的としたミニコンサート企画、小学生の為のハンドベルワークショップなどを行っています。7月にたなばたコンサート、12月にクリスマスコンサートを開催し多くの周辺住民の方々にお越しいただいております。詳しくはこちら

 これまで日本テレビ(NNN24ニュース番組他)、テレビ東京(チェブラーシカ)、NHK(はろーあにまる、世界遺産DVD他)などの映像系の音楽制作をしてまいりました。DAWはLOGIC PROを使用しています。過去の作曲作品概要はこちらになります。詳しくはこちら

 エレクトリック・ベース、トランペットなどで演奏活動を行っています。ライブ、作曲、レコーディングに関する情報はこちらです。詳しくはこちら