プロフィール

 

 TOMOYA TAMARU

composer / educator /

bass player / trumpet player

 

 東京都町田市出身。9歳からトランペットを、14歳からエレクトリックベースを始める。トランペットを植木保彦氏に、和声学、作曲法を高浪晋一氏、二宮洋氏に師事。1999年、バークリー音楽大学の奨学金試験に合格し同校に入学。ベースをAnthony Vitti、作曲をDick Lowellに師事。2001年、ジャズコンポジション科卒業。

 帰国後、音楽制作会社にて映像向けのBGM制作を行う傍ら、ベーシストとして演奏活動を行う。専門学校、短期大学の作曲の非常勤講師を経て、2008年に東海大学専任講師となる。

 現在、東海大学高輪教養教育センター准教授。教養学部芸術学科音楽学課程講師。専門は作曲、ポピュラー音楽史(ジャズ)。主な担当授業は「ジャズの音楽と歴史」「即興演奏法」、DAWを用いた「コンピュータミュージック」など。

 2014年より、ジャズに関する公開講座、生涯学習講座に力を入れています。2019年度は、東京都港区、世田谷区、神奈川県相模原市、千葉県松戸市、茨城県行方市でアナログレコードを用いた講座を実施しました。

 

profile in ENGLISH




新着情報